読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yori cafe

親はほっと、子はわくわくする西宮の親子カフェ

男子あるある

チャレンジングデイの番外編。
神戸の土産屋での写真が出てきて
思い出したのでちょっとだけ。

・・・

カフェのキッズスペース前にはいつも
こども達の小さなかわいい靴が並びます。
その十数cmのサイズ感自体がかわいいが
Nロゴや鳥のマークなどデザインがお洒落。
よくママさんとも話すあるある話ですが、、、
そのかわいい靴が5歳ぐらいを境に変貌します。

店主も息子たちの靴を一緒に買いに行きますが
かわいい靴を見ながら選ぶのを待っていると
決まって親の目線とは全く異なるゾーンから
予想だにしない「デザイン」×「配色」の
シューズを笑顔で持ってくるのです。

ゴールド×赤×黒×キラキラ
エメラルドグリーン×青×黄×白×何色使うの??
といった感じの配色。
「えっ!?」と親はその風貌に躊躇するものの
少年にとっては心くすぐられる逸品のようです。

結果、店主の自宅の玄関も
いつしかお洒落なNロゴや鳥マークは姿を消し
カラフルな物達が存在感を放つ状態となりました。
自身も少年時代はそうだったのでしょうが
男子セレクトはおもしろい。

そして先日の旅先の神戸で、、、
息子がロックオンしたのがコレ!
ショーケースでも一際存在感を放つ大物。
親としては一番ない選択肢だったのですが
売店のおばちゃんのお話では
やはり修学旅行等の男子に人気のようです、、。

f:id:yori-cafe:20161129015058j:plain

20分ほどの攻防を繰り広げた後
何とか別の小さなクリスタル龍でおさまり
西宮に向けて出発。

「あのデカイ龍よかったのに、、
 何であかんねんやろ、、。次回来たら必ず!」
と帰路の自転車でずっとつぶやいていたのは
言うまでもありません。
いいんやけど、あれをリビングに飾るのは、、、
ごめん息子よ。