読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yori cafe

親はほっと、子はわくわくする西宮の親子カフェ

はじめての田植え

快晴の下、28名の「はじめての田植え」は
無事その幕を閉じることとなりました。

苗を植えた分だけ
汗をかいた分だけ
泥だらけになった分だけ
自然の中に身を包まれた分だけ
それらの時間を皆で分かち合った分だけ
終えた後の『おむすび』が
格別の味になったことは言うまでもありません。

f:id:yori-cafe:20160516164134j:plain

f:id:yori-cafe:20160516164242j:plain

自分の手で苗を植える体験
泥だらけになる体験
泥の横で泣きじゃくる体験
泥の上で笑いあう体験
無心でかけ回る体験
考えるより感じる体験
うまいもんを純粋にうまいと思える体験

f:id:yori-cafe:20160516164607j:plain

一つ一つが子どもたちに何を与えたかは
今は正直分かりません。
ただ、おそらく、、
泥の感触や、おむすびの味
何となくおもろかったなぁという感覚は
これからも何となく覚えているんじゃないかと
そんな気がしています。

苗が太陽の光や田の栄養を得て
すくすくと育っていくように
子どもたちも多くの体験をもって
その根を太く長くしていく。

そんな活動の機会を今後も
一つ一つ大事に作っていきたいと思います。
秋にはいざ『イネかり合戦』です。

■当日の様子をもっと見たい方はコチラ↓


■付録写真

f:id:yori-cafe:20160516165042j:plain

f:id:yori-cafe:20160516165141j:plain
↑ 旨さに空っぽの土鍋たち

f:id:yori-cafe:20160516165230j:plain
↑ あまりの旨さにそり返る紙皿

f:id:yori-cafe:20160516165409j:plain
↑ 家主自慢のソーラーフードドライヤー

f:id:yori-cafe:20160516165701j:plain
↑ 延々と池に石を投げこむ子どもたち/100投目